磐城 黒木城



お城のデータ
所在地 福島県相馬市黒木字中樋
遺 構 曲輪、土塁、堀
形 式 平山城 築城者: 黒木正光 築城年代: 建武年間


見 ど こ ろ

 
黒木城は、黒木地区西側にある雑木林・墓地・水田となっている一帯に築かれていた。

 西側の水田への入る農道脇に案内板が建てられているが、せっかく縄張り図まで記載されているのだが、殆ど日に焼けて見えなくなってしまっていた。

 この案内板の背後に二重の空堀が雑木の中に残っている。 墓地の周辺部にも切岸と堀が残っているが、どれも遺構を確認し辛く写真にならなかった。


歴     史

 黒木城は、建武年間に黒木正光によって築かれた。 黒木氏は、南北朝時代は南朝方の有力豪族で、その後相馬氏と盟約を保ったが、戦国時代の天正12年、黒木信房は相馬顕胤に攻められ落城、黒木城は相馬氏の所領となった。
 
 天正7年、城代相馬胤乗の養子黒木中務が伊達輝宗に与して謀反を起こしたが、相馬盛胤・義胤父子に攻められ、中務は伊達氏を頼って逃亡した。

 相馬氏は門馬貞経を城代としたが、天正17年の駒ヶ嶺城で伊達氏に攻められ討死し、その後黒木城には城代が置かれず番持ちの城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR常磐本線相馬駅〜バス/黒木
 車 : 常磐道富岡IC〜国道6号線〜県道228号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
雑木林の中には空堀が、城域のほぼ半周に渡って残っているお城。

福島県のお城
一覧表へ
トップページへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県