丹波 黒井城



お城のデータ
所在地 兵庫県丹波市春日町黒井
遺 構 曲輪、石垣、土塁、空堀、堀切
形 式 山城 築城者: 赤松貞範 築城年代: 南北朝時代


見 ど こ ろ

 丹波三大城(八上城丹波八木城・黒井城)の一つに数えられている黒井城は、徳川家光の乳母の春日の局が、生まれたお城としても知られている。 現在興禅寺の境内となっているところが下館で、山門から続く石垣の上には白壁の塀が堀の水面に映る様は城主の平時居館の様子を今によく伝えている。

 麓の無料駐車場から、猪口山山頂にある黒井城本丸を目指す。 汗を流し、 休みながら登城道を登ること40分。 途中、休憩方々石踏みの段、太鼓の段などの曲輪を見ながら登る。

 山頂に着くなり、東曲輪・三の丸の石垣が出迎えてくれる。 これを見ると、ここまで登ってきた甲斐があったとまず思う。 次に、城の遺構と本丸からの眺めに大満足。 久しぶりに「山城に来た!」って感じだ。 

 本丸以下の山頂部の遺構は、木々も切り払われ、下草も一応刈られて整備されているので、石垣を含めて戦国山城の遺構が良く残っている。

 黒井城の縄張り(山頂部)は、東曲輪・三の丸・二の丸・本丸・西曲輪と連郭式に並び、二の丸と本丸の間には空堀が設けられている。 山頂部の規模はさほど大きくないが、山頂部に続く尾根に西の丸・千丈寺砦などの出丸や砦あが築かれ、猪口山全体が一大城塞となっている。  


歴     史

 黒井城は、別名保月城ともいう。 築城年代は不明だが、南北朝時代に赤松貞範によって築かれたと言われている。

 戦国時代には、丹波の猛将赤井直正が居城した。 天正5年に始まった明智光秀による丹波平定戦の折り、黒井城は光秀に再三に渡り攻められ落城した。

 光秀は、春日の局の父斎藤利三が城主となり、今に残るような城の規模に拡張した。 その後、堀尾吉晴・川勝秀氏が城主となるが、その後城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR福知山線黒井駅〜徒歩10分(登城口)
 車 : 舞鶴道春日IC〜国道175号線/六反田〜町道
駐車場: 登城口前の黒井城無料駐車場(10台程度)を利用。


ひとくち MEMO
汗を拭きながら登ったところには草むした石垣が出迎えてくれるお城。
  • 黒井城への道しるべ
    春日ICから国道175線を春日市街に向かって走り、六反田の交差点を右折。 JR福知山線を越え、町役場を右手に見ながらともかくまっすぐに正面の山に向かって進む。 ともかく正面の山が黒井城。 山裾に黒井小学校があり、細い道をまっすぐ登ると黒井城の駐車場だ。 駐車場右手の階段が登城口。
     

兵庫県のお城
一覧表へ
トップページへ 氷上郡教育委のHPへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県