若狭 国吉城



お城のデータ
所在地 福井県三方郡美浜町佐柿
遺 構 曲輪、土塁、石垣、空堀、堀切、館跡
形 式 山城 築城者: 粟屋勝久 築城年代: 弘治2年


見 ど こ ろ
(堀切の両側に石垣が出土)
(本丸西側通路の土留め石積み)

 国吉城は、敦賀方面から来ると、国道27号線の椿トンネル入口左側の山(城山)に築かれている。 佐柿の集落東側の城山山麓にある「若狭国吉城歴史資料館」の北側一帯が粟屋勝久館跡で、石垣・土塁が残る。

 この館から城山山頂の国吉城へと七曲がり(直登に近い)の急な大手道を登る。 途中、食い違い虎口の土塁が残る出丸を経て、本丸と二の曲輪にある堀切へと登る。

 国吉城の縄張りは、最高所の本丸から北西の尾根筋に四段の曲輪が配置され、それぞれの曲輪の切岸は高く堅固の城だ。 また、徳賞寺背後の丘陵から続く尾根筋からの防御のため、本丸東南の尾根筋には3条の堀切が施された。

 本丸は、三角形のなし城中で一番広い曲輪で、東南角に櫓台があり、周囲には原形は失われているが石垣が築かれたいた。 本丸虎口は、発掘で石垣づくりで礎石も出土しており、ここに城門が建てられていたことが判明している。 但し、瓦は出土しておらず、茅葺きか板葺きの屋根であったと推定されている。

 本丸からの眺めも良く、北側は若狭湾から敦賀方面、西側からは佐柿の集落から美浜方面が一望でき、この城が若狭国への入口に構えられた城であることが良くわかる。 


歴     史

 粟屋氏館は、弘治2年粟屋勝久によって築かれた。 粟屋勝久は、若狭守護武田氏の重臣で「武田四老」の一人に数えられた。 守護家の相続争いにより武田氏の求心力が衰えると、三方郡東部を掌握して、守護家に叛乱を起こした。

 永禄6〜12年の長きに渡って、越前朝倉義景がこの城を攻めたが落城せず、「粟屋勝久の国吉籠城」と高く評価された。 元亀元年、粟屋勝久は織田信長の越前攻めの折り、熊川城に信長を出迎え、信長はこの国吉城を越前攻め本陣とした。

 粟屋勝久は、その後豊臣秀吉によって他国に移され、替わって木村重滋が入封し、佐柿に城下町を作った。 その重滋も文禄4年に改易された。 江戸時代には、小浜城主酒井氏の佐柿奉行所が粟屋勝久館跡に置かれた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR小浜線美浜駅〜バス/佐柿
 車 : 舞鶴若狭道若狭美浜IC〜国道27号線
駐車場: 若狭国吉城歴史資料館の無料駐車場を利用。)


ひとくち MEMO
若狭と越前の国境に築かれ、信長の本陣にもなった山城。
  • 国吉城の登城口
    敦賀方面から来ると、国道27号線の椿トンネル通り抜けてすぐの交差点を左折して佐柿の集落へと入り、そのまま直進するとTの字交差点を左折すると徳賞寺。 左手に国吉城里屋敷跡の石垣が見える。 この石垣に沿って北側へと進む細い道が登城道。 途中、出丸辺りで道が希薄になるが、迷わず上へ上へと登れば国吉城主郭部にたどり着ける。 

福井県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県