播磨 国包構居



お城のデータ
所在地 兵庫県加古川市八幡町宗佐
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 加古美宗 築城年代: 天正年間


見 ど こ ろ

 国包構居は、宗佐地区にある常観寺境内から北側の水田一帯に築かれていた。 寺の西側にある墓地から北側へと回ってみるが、北側は一面水田となっていて、構居の遺構などは何も残っていなかった。

 むしろ、室町時代からある常観寺の境内や山門の風情、また寺の周囲を巡る用水路に城の姿を見てしまう。


歴     史

 国包構居は、天正年間に加古源右衛門右京美宗によって築かれた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR加古川線厄神駅〜バス/国包東
 車 : 山陽道三木小野IC〜国道175号線〜県道20号線
駐車場: 常観禅寺の参拝者用無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
禅寺の風情に城の姿を見てしまった・・・。

兵庫県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県