磐城 熊野堂城



お城のデータ
所在地 福島県相馬市中野字堂前
遺 構 なし。
形 式 丘城 築城者: 中村広重 築城年代: 南北朝時代


見 ど こ ろ

 
熊野堂城は、宇多川南岸の小高い丘に築かれ、現在の熊野神社境内とその背後の宅地辺りだ。 城の遺構は何も残っておらず、神社境内に標柱が立てられていた。


歴     史

 熊野堂城は、南北朝時代に中村広重によって築かれた。 広重は、結城宗広の家臣で宇多郡を支配し、南朝方の拠点の一つであった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR常磐本線相馬駅〜バス/熊野神社入口
 車 : 常磐道富岡IC〜国道6号線〜国道115号線〜県道34号線
駐車場: 熊野神社の参拝者用無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
南北朝時代には宇多郡支配の拠点となったお城。

福島県のお城
一覧表へ
トップページへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県