山城 九条家邸



お城のデータ
所在地 京都府京都市上京区京都御苑
遺 構 庭園、茶室
形 式 居館 築城者: 九条氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 九条邸は、京都御苑堺御門の西側に約1万坪の広い敷地を有し、西隣には閑院宮邸があった。

 建坪3,800もある屋敷は明治に東京へと移築され、現在は、九条邸の庭園が残り九条池として親しまれている。 庭園に面して茶室「拾翠亭」が唯一建物の遺構として残っている。 また、東京博物館敷地内に東京へ移築された屋敷の一部が移築されている。


歴     史

 九条家は、藤原北家九条流嫡流家で五摂家の一つ。 藤原忠通の三男兼実京都九条にある九条殿に住んだことから九条家を称した。 九条道家の子憲実(九条)、良実(二条)、実経(一条)と九条流は3家に分かれた。

 江戸時代の九条家は、家禄2,044石を領し、のちに松殿家の所領も加増されて3,053石を領して31代道孝の時に明治を迎えた。


お城へのアクセス
鉄 道: 京都市営地下鉄烏丸線丸太町駅〜徒歩約5分
 車 : 阪神高速京都線鴨川西IC〜国道367号線
駐車場: 京都御苑の有料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
五摂家の一つ九条家が構えた江戸時代の邸宅。

京都府のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県