常陸 久下田城



お城のデータ
所在地 茨城県筑西市樋口字城山
遺 構 曲輪(本の丸跡・二の丸跡)、空堀
形 式 平城 築城者: 水谷正村 築城年代: 天正14年


見 ど こ ろ
(現地案内板より)

 久下田城は、鬼怒川と勤行川に挟まれた台地の上に築かれた城で、幾重にも堀をめぐらした水城とも云える縄張りである。

 現在、本丸が公園となっている。(ゲートボール場と稲荷神社がある。) その本丸を囲む空堀がはっきりと残り、城の様子が良くわかる。

 本丸南側・西側の堀は、夏草で覆われていたが、本丸北側の空堀は深さもあり一見の価値はある。  また、城の西側を走る真岡鉄道の路線が、久下田城の堀跡でもある。 


歴     史

 天正14年から永禄8年にかけて、下館城主水谷正村によって築城された。 正村は、この久下田城を拠点に下野の宇都宮氏と争い、下野芳賀郡田野城を攻略している。

 天正18年、小田原の北条氏滅亡後、水谷正村は豊臣秀吉より47,000石を安堵され、この時家督を弟勝俊に譲り久下田城に隠居した。 その後、元和の一国一城令によって久下田城は廃城となった。 


お城へのアクセス
鉄 道: 真岡鉄道久下田駅〜徒歩約15分
 車 : 東北道佐野藤岡IC〜国道50号線/下館〜国道294号線
駐車場: なし。 本の丸内に駐車スペースあり。 城跡までの道が狭いので要注意。


ひとくち MEMO
深い空堀がブッシュの中に残っているお城。

茨城県のお城
一覧表へ
トップページへ 下館市のHPへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県