羽前 小関館



お城のデータ
所在地 山形県長井市下伊沢字中西
遺 構 曲輪、土塁、堀
形 式 居館 築城者: 小関義勝 築城年代: 永禄6年


見 ど こ ろ

 小関館は、下伊佐沢地区に城主小関氏の菩提寺龍安寺がある。 この寺の北側にある民家敷地(城主子孫宅)が小関館だ。 

 土塁と堀に囲繞された方形単郭の典型的な豪族居館の縄張りとなっている。 個人宅故に敷地内への立ち入りはできないが、北側の堀は埋め立てられて消滅しているが、居館周囲の土塁と堀は良く残り、南側虎口付近の土塁と水堀は容易に見ることができた。


歴     史

 小関館は、に小関義勝によって築かれた。 小関氏は、美濃から伊達氏を頼って下伊佐沢に移った。 天正19年の伊達政宗岩出山移封には従わず、下野してこの地に残った。 慶長5年の最上攻めでは、在郷郷士として直江兼続に従って出陣している。


お城へのアクセス
鉄 道: 山形鉄道フラワー長井線西大塚駅〜徒歩約20分
 車 : 米沢南陽道南陽高畠IC〜国道113号線〜県道248号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
土塁と堀に囲繞された方形単郭の典型的な豪族居館

山形県のお城
一覧表へ
トップページへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県