上野 山上城



お城のデータ
所在地 群馬県桐生市新里町山上282
遺 構 曲輪、空堀、土塁
形 式 丘城 築城者: 山上高綱 築城年代: 応永年間


見 ど こ ろ

 山上城は、蕨沢川と天神川に挟まれた舌状丘の先端部に築かれていて、現在は山上城趾公園として整備されて保存状態も良好な城だ。

 城の縄張りは、丘陵部と繋がる北側を堀切により断ち切り、北から笹曲輪・北曲輪・本丸・二の丸・三の丸・南曲輪と直線的に曲輪が並んだ並郭式縄張りとなっていて、それぞれの曲輪は空堀によって区切られている。 

 笹曲輪から二の丸までの曲輪群の西側には帯曲輪があり、横堀を隔てて土塁が長さ300m程に渡って築かれている。 また、同様に土塁こそ残っていないが東側にも下腰曲輪が設けられ、この城の弱点である横からの攻撃に備えた構えとなっていた。


歴     史

 山上城は、応永年間に山上高綱によって築かれた。 高綱は、藤原姓足利成行の孫でこの地を領して山上氏を称し、以後山上氏歴代の居城となった。

 室町時代、山上氏は由良氏・薗田氏・桐生氏と共に東上州の四家として重要な役割を果たしていたが、弘治元年に山上氏秀は北条氏康によって城を奪われ下野国へ追われた。 

 その後、山上城は上杉・北条氏によって争奪戦が行われたが、天正18年の秀吉による小田原征伐後に廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: 上毛鉄道新里駅〜徒歩約15分
 車 : 関越道前橋IC〜国道17号線〜県道3号線
駐車場: 山上城址公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
赤城南麓に築かれた典型的な縄張りを持つお城。

群馬県のお城
一覧表へ
トップページへ 桐生市のHPへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県