上野 小沢城



お城のデータ
所在地 群馬県沼田市町田町甲2038
遺 構 曲輪、空堀、土橋
形 式 崖端城 築城者: 沼田景朝 築城年代: 応永12年


見 ど こ ろ

 小沢城は、小沢川に面した河岸段丘端を利用して築かれ、現在は法城院境内と畑地となっている。

 城の縄張りは、梯郭式に曲輪が配置され、方形を基本とした本丸を内堀(現在は埋め立てられ畑内の道路)が取り囲み、その外側に二の丸がある。 二の丸の周囲には土塁と空堀が良く残っていて、北側虎口から東にかけて「折れ」が施され、東北と北西隅に櫓台が設けられていた。 


歴     史

 小沢城は、応永12年に沼田景朝によって築かれた。 沼田氏は、それまで荘田城を居城としていたが、小沢城へと本拠を移し、
戦国時代の初めの永正16年に沼田泰輝が幕岩城へ移るまでの4代114年間の居城であった。(現地案内板より)


お城へのアクセス
鉄 道: JR上越線沼田駅〜バス/町田公民館〜徒歩約15分
 車 : 関越道沼田IC〜国道120号線〜県道265号線
駐車場: なし。(法城寺境内に駐車可能)


ひとくち MEMO
寺の境内を取り囲むように土塁と空堀が残るお城。

群馬県のお城
一覧表へ
トップページへ 沼田市のHPへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県