上野 金山城



お城のデータ
所在地 群馬県太田市金山町
遺 構 曲輪、土塁、石垣、堀切、竪堀、井戸
形 式 山城 築城者: 岩松家純 築城年代: 文明元年


見 ど こ ろ

 


歴     史

 金山城は、文明元年に岩松家純によって築かれた。 文明3年、家純と家宰横瀬国繁は金山城に籠もって古河公方足利成氏の八千の大軍を迎え撃ち、これを撃退した。

 金山城の実権は、次第に家宰横瀬国繁へと移り、明和の乱を経て主家岩松氏を傀儡化、横瀬氏は下克上により金山城主となった。

 永禄6年頃に横瀬成繁は由良氏を称したが、この前後から金山城は上杉謙信・北条氏康・武田信玄と名だたる戦国の名将に攻められ、由良氏は臣従と離反を繰り返しながらも金山城を中心としる勢力の維持に努めている。

 天正10年、武田氏滅亡・滝川一益の退去後、北条氏直は由良国繁・長尾顕長兄弟を小田原に招き、両将を抑留して金山城・足利城の北条氏への引き渡しを迫った。 両将の母妙印尼は留守を守り籠城して北条氏を迎え撃った。 結果、北条氏直は両将を帰城させた。 しかし、天正12年、由良国繁は北条氏に金山城を譲り桐生へと移った。

 金山城を手に入れた北条氏は、高山定重・宇津木氏久を守将に置き、天正15年には清水正次を城主としたが、天正18年の小田原の役では金山城を放棄して小田原城に籠城。 北条氏滅亡後、金山城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: 東武鉄道伊勢崎線太田駅〜タクシー/約15分
 車 : 東北道佐野藤岡IC〜国道50号線〜国道407号線〜県道321号線
駐車場: 金山自然公園(西山公園)の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO

群馬県のお城
一覧表へ
トップページへ 太田市のHPへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県