土佐 香宗城



お城のデータ
所在地 高知県香南市野市町土居
遺 構 土塁
形 式 平城 築城者: 中原秋家 築城年代: 建久4年


見 ど こ ろ

 香宗城は、香宗我部城ととも呼ばれ、香宗川右岸に面した平地に築かれている。

 野市浄化センターと香宗川対岸に位置する住宅地一帯が城址だ。 県道沿いに土塁が残っていて、城石碑と案内板があり土塁上には城八幡が祀られている。

 残っている土塁が城の北端とされ、ここから南の宝鏡寺跡北側辺りまで大凡南北約200m×東西約100m程の居館形式の縄張りで、その周囲には香宗我部親秀隠居所であった北屋敷や家臣屋敷が取り囲んでいたようだ。


歴     史

 香宗城は、建久4年に中原秋家によって築かれた。 秋家は、宗我・深淵郷の地頭職に任じられ、秋家の子秋通が香宗我部氏を称し、両郷を中心に勢力を伸ばして代々居城した。

 戦国時代、香宗我部親秀は東の安芸氏に対抗するため長宗我部国親の三男親泰を養子に迎えた。 永禄12年、長宗我部元親が安芸城主安芸国虎を滅ぼすと香宗我部親泰を安芸城主となっている。


お城へのアクセス
鉄 道: 土佐くろしお鉄道野市のいち駅〜バス/野市東
 車 : 高知道南国IC〜国道32号線〜国道55号線なし。
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
香宗我部氏代々の居城となったお城。

高知県お城
一覧表へ
トップページへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県