大和 庚申山城



お城のデータ
所在地 奈良県宇陀市大宇陀区拾生
遺 構 曲輪、土塁、堀切
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 庚申山城は、国道166号線を挟んで秋山下城の南側にある小山(庚申山)の上に築かれている。

 秋山本城の南を護る出城で、山の最高所に主郭(箭竹で覆われ全く侵入することは出来なかった)を置き、西に三段の曲輪を配置し、南の尾根筋には、二の曲輪と更に幅広の堀切を隔ててもう一曲輪が確認できた。


歴     史

 庚申山城は、築城年代は定かでないが、秋山氏によって本城秋山城防衛用の出城として築かれた。


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄大阪線榛原駅〜バス/大宇陀バスセンター
 車 : 名阪国道針IC〜国道369号線/榛原〜国道370号線/大宇陀
駐車場: 道の駅宇陀路大宇陀の無料駐車場(20台程度)を利用。


ひとくち MEMO
幅の広い堀切が見応えがある秋山城の出城。

奈良県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県