播磨 光龍寺山城



お城のデータ
所在地 兵庫県多可郡多可町八千代区中野間
遺 構 曲輪、土塁、竪堀
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 光龍寺山城は、野間城と野間川を挟んだ対岸の光領寺山の山頂に築かれてた城だ。

 野間城に比べると規模の小さな城だが、平時の居城として使われたのと、パンフレットには書かれていた。 城跡へは、ガルテン八千代・町民グランドから搦手口へと登るルートが一般的で遊歩道が設けられている。

 本丸・二の丸以下の曲輪も史跡公園としてきれいに整備されていて、城の遺構も確認し易い。 搦手門の左右には綺麗に竪堀が残っていた。 


歴     史

 光龍寺山城は、歴史の舞台に登場せず、史料文献や伝承も全く伝わっていない。 

 八千代町と観光協会発行のパンフレットによると、有田村長(光慶)が本拠地を野間に移した際に築城したとあった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR加古川線西脇市駅〜バス/中野間
 車 : 中国道加西IC〜県道24号線
駐車場: ガルテン八千代・町民グランドの無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
全く無名の山城。 野間城の平時の居館城として使われたとか。

兵庫県のお城
一覧表へ
トップページへ 多可町のHPへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県