近江 服部城



お城のデータ
所在地 滋賀県甲賀市甲南町新治字中出
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 丘城 築城者: 服部氏 築城年代: 室町時代


見 ど こ ろ

 服部城は、新宮神社の背後の丘陵に築かれている。 丘陵山一帯は新興住宅地となっているが、その北西隅にある小高い丘(もっとも一見雑木林と竹藪)が城跡。

 周囲を土塁と空堀で取り囲んだ方形単郭の居館形式の縄張りだ。 空堀と土塁などの遺構は良く残ってるが、雑木と竹に阻まれ遺構確認は結構手こずった。

 城から南東約200mの所に新宮城新宮支城があり、共に服部氏築城の城だ。 服部城と新宮2城での防衛を図ったと考えられる。


歴     史

 新宮城は、室町時代に服部氏によって築かれた。 服部氏は、甲賀郡中惣を組織した甲賀五十三家の一つ、荘内三家に数えられた有力土豪であった。 伊賀服部氏とも一族になり、服部一族本貫の地でもある。


お城へのアクセス
鉄 道: JR草津線甲南駅〜徒歩約20分
 車 : 新名神甲南IC〜県道132号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
甲賀・伊賀の服部氏一族本貫の地。

滋賀県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県