美作 荒神ノ上砦



お城のデータ
所在地 岡山県津山市中北上
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 山城(付城) 築城者: 宇喜多氏 築城年代: 天正12年


見 ど こ ろ

 荒神ノ上砦は、岩屋城攻め手の宇喜多方は岩屋城の周囲をぐるりと付城で囲んだが、本陣東側の尾根筋の起点となる砦だ。 付城群で、この砦と楽方の上砦が一番整備され、攻城戦で築かれた陣城(付城)とはこんな様子のものだという見本の砦と云える。

 砦は、土塁で囲繞した方形をの陣所を3ヶ所築かれている。 おそらくこの砦の守将が陣を張ったと推定される陣所は、周囲を空堀と土塁で固めて、南側に土橋と虎口を設けている。 稜線を移動して各陣所との連絡路を防御するために、稜線に沿って土塁が城の方への防備として長々と築かれている。


歴     史

 荒神ノ上砦は、天正12年に岩屋城攻めの陣城として宇喜多氏によって築かれた。 この砦には浦上与九郎が布陣した。

 天正10年、備中高松城を攻めていた羽柴秀吉は、本能寺の変が起きると毛利輝元との間に和議が結ばれ、備中川辺川以東は宇喜多氏領と定められた。 これを不服とした毛利方の中村頼宗は岩屋城開城に応じなかった。

 天正12年、宇喜多氏は荒神山城主花房職秀を大将にして岩屋城を攻めたが、城を落とせず、前将軍足利義昭の調停により和議が結ばれ岩屋城は開城した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR姫新線坪井駅〜バス/岩屋谷口
 車 : 中国道院庄IC〜国道181号線
駐車場: 岩屋城の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
岩屋城攻めの陣城の一つ。

岡山県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県