近江 甲津畑城



お城のデータ
所在地 滋賀県東近江市甲津畑町
遺 構 なし。
形 式 丘城 築城者: 速水泰氏 築城年代: 永仁2年


見 ど こ ろ

 甲津畑城は、近江と伊勢を結ぶ街道で、杉峠を越える千種街道を押さえる近江側唯一の城だ。 

 甲津畑小学校の敷地となっているところに主郭があったところで、小学校建設のために遺構などは何も残っていない。

 小学校から一段下がった浄源寺、更に一段下がった浄光寺の敷地も曲輪の一つと考えられ、殿屋敷とよばれる速水邸辺りが根古屋であったと考えられている。


歴     史

 永仁2年頃、速水泰氏が大和興福寺領の公文職として館を構え、その子信義は塩津の公文職を兼ねた。 速水氏は、代々甲津畑城を居城し、室町時代は六角氏に臣従した。

 戦国時代、佐久良城主小倉氏滅亡後は、日野城主蒲生氏と行動を共にして、六角氏から織田信長に従った。 元亀元年の「信長の千種越え」に蒲生氏らと共に信長を援護したことは有名である。 


お城へのアクセス
鉄 道: 近江鉄道本線八日市駅〜バス/甲津畑
 車 : 名神八日市IC〜国道421号線〜県道189号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
信長がしばしば岐阜と京の往来に利用した千種越えを押さえるお城。

滋賀県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県