下野 小志鳥砦



お城のデータ
所在地 栃木県那須烏山市志鳥字小志鳥
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 山城 築城者: 那須資房 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 小志鳥砦は、南北に連なる半島状の丘陵の南先端に築かれた砦だ。 現在は、城址公園として綺麗に整備され、砦の遺構も確認し易かった。

 砦の縄張りは、丘陵先端部を堀切で切り離して、主郭の周囲を土塁と空堀で囲み、南側に一段小さな曲輪が設けられた小規模なものだ。 南側の空堀と土塁がこの砦の一番の見どころポイントかと思えた。


歴     史

  小志鳥砦は、築城年代は定かでないが、烏山城主那須資房が周囲の宇都宮・佐竹・結城・岩城らの侵略に備えて築いた砦の一つである。 

 大永元年、岩城常隆が上川井城を攻めた際、上川井氏をはじめ熊田氏、岡氏の率いる3百余騎は烏山城を目指して落ちていった。 その途路寄ったのが小志鳥砦であったと云われている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR烏山線烏山駅〜バス/井上口〜徒歩約15分
 車 : 東北道矢板IC〜県道74号線〜国道293号線〜県道25号線〜県道233号線
駐車場: 城址公園の無料駐車場を利用。(県道233号線沿い)


ひとくち MEMO
街道を見下ろす丘の上にある単郭の砦。

栃木県のお城
一覧表へ
トップページへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県