岩代 桑折西山城



お城のデータ
所在地 福島県伊達郡桑折町万正寺
遺 構 曲輪、土塁、空堀、石垣
形 式 山城 築城者: 伊達朝宗 築城年代: 鎌倉時代


見 ど こ ろ

 
桑折西山城は、桑折市街地西側の丘陵、観音寺背後の高館山に築かれた城だ。 城跡は、国の史跡になり、本丸・二の丸が綺麗に整備されている。

 但し、登城道には「熊出没注意!」の標識が随所に建てられ、実際本丸にて熊でないがニホンカモシカに遭遇、単独行の私にとってはこのニヤミスだけで結構腰が引けてしまった。

 西山城の縄張りは、本丸・二の丸、中館・西館とに大別される。 本丸一帯の曲輪群が時代が古く、中館・西館一帯の曲輪群が稙宗時代に拡張された時に築かれたと思われれる。 


歴     史

 桑折西山城は、鎌倉時代に伊達朝宗によって築かれたと伝えられている。 応永年間、伊達氏中興の祖9代政宗は、応永年間に鎌倉公方足利満兼に反抗し、この西山城に籠城して関東管領上杉氏憲を迎え撃った。

 天文元年、伊達稙宗は居城を梁川城から西山城へと移し、城の修築拡張を行った。 天文11年、伊達稙宗・晴宗父子の内紛、天文の大乱が起こり、天文17年に稙宗は伊具郡丸森城へ隠居、家督を相続した晴宗は出羽米沢城へ居城を移し、西山城は廃城となった。

 江戸時代、延宝7年に本多忠国が大和郡山から福島城15万石に国替えにな入封、西山城西館に築城計画したが、2年後の天和2年に播磨姫路へと転封になり、西山築城は中止された。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東北本線桑折駅〜徒歩約15分(登城口)
 車 : 東北道国見IC〜国道4号線/仮屋〜町道
駐車場: なし。(小型車であれば桑折西山城本の丸まで車で乗り入れ可能)


ひとくち MEMO
奥州伊達氏の本城となったお城。

福島県のお城
一覧表へ
トップページへ 桑折町のHPへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県