近江 金剛輪寺



お城のデータ
所在地 滋賀県愛知郡愛荘町松尾寺
遺 構 曲輪、石垣、土塁
形 式 寺院 築城者: 行基 築城年代: 天平9年


見 ど こ ろ

 湖東三山(百済寺・金剛輪寺・西明寺)の一つに数えられる金剛輪寺は、百済寺よりは規模的には小さいが、赤門から明寿院までの参道の左右には石垣が積まれた坊舎の跡が整然と並ぶ光景は、「城郭」そのものだ。

 さらに、本堂への石段の参道から逸れて地蔵堂・不動堂へ。 ここから本堂に向けて一直線に登る参道の両側にも9段もの坊舎の跡が続く。 土塁と石積みで固められたこの坊舎の跡は、中世城郭を彷彿させる遺構であった。


歴     史

 金剛輪寺は、天明9年に聖武天皇の祈願時として行基によって建立された。 平安時代の嘉祥年間に円仁が天台宗の修業道場とした。

 中世には近江守護佐々木氏の厚い保護を受け、数多くの堂塔・坊舎が建ち並び僧兵(学生堂衆)も常駐していた。 元亀2年、織田信長によって延暦寺と同様に焼き討ちされた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線稲枝駅〜タクシー
 車 : 名神高速湖東三山スマートIC〜国道307号線
駐車場: 金剛輪寺の参拝者用無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
近江随一と云われている庭園も見事な湖東三山の一つ。

滋賀県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県