伊勢 菰野陣屋



お城のデータ
所在地 三重県三重郡菰野町菰野
遺 構 土塁、堀、移築門
形 式 陣屋 築城者: 土方雄久 築城年代: 慶長5年


見 ど こ ろ

 菰野陣屋の跡は、菰野小学校の敷地となっている。 小学校の南側(近鉄の線路沿い)の道路脇に菰野陣屋跡の石碑と陣屋の縄張り図のある案内板がある。  

 陣屋の遺構は、小学校の北西の角に僅かではあるが、竹藪化している土塁と堀の一部が残っている。(小学校内からは比較的土塁がよく見える)  また、陣屋の門が金蔵寺の山門として移築され現存している。


歴     史

 永禄11年、織田信長から北伊勢5郡を与えられた滝川一益は、三重郡の代官として南川治郎左衛門を代官として派遣した地である。

 天正11年、滝川一益が改易されると、菰野は北畠信雄の重臣土方雄久に与えられた。 雄久は、一時尾張犬山に移り、その後改易となった。

 慶長5年、関ヶ原の戦功により土方雄久は、菰野12,000石の領主に返り咲いた。 以後、この地に陣屋を築き、13代続いて明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄湯の山線中菰野駅〜徒歩約10分
 車 : 東名阪道四日市IC〜国道477号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
小学校の正門横に土塁が残っている陣屋。
  • 菰野陣屋の門移築先
    金蔵寺 : 三重県三重郡菰野町小島

三重県のお城
一覧表へ
トップページへ 菰野町のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県