播磨 古宮台場



お城のデータ
所在地 兵庫県加古郡播磨町古宮
遺 構 なし。
形 式 台場 築城者: 酒井忠惇 築城年代: 文久3年


見 ど こ ろ

 古宮台場は、姫路藩が築いた台場で一番東に位置し、3門の大砲が配備されていたとか。 現在の望海公園北側の工場敷地に台場がきずかれていたようで、遺構などは何も残っていないが、工場の門脇に案内板が立てられていた。


歴     史

 古宮台場は、文久3年に姫路藩によって築かれた。 幕府は、文政8年に外国船打払令を諸藩に出し、これを受けて姫路藩でも嘉永3年に家島・室津に台場を築き、続いて文久3年に飾磨・福泊・高砂・古宮に台場を設けた。


お城へのアクセス
鉄 道: 山陽電鉄本線播磨町駅〜バス/古宮
 車 : 第二神明道路明石西IC〜県道208号線
駐車場: 望海公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
姫路藩領の一番東の海岸線に築かれた台場。

兵庫県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県