能登 小丸山城



お城のデータ
所在地 石川県七尾市馬出町
遺 構 曲輪、空堀、石垣
形 式 平山城 築城者: 前田利家 築城年代: 天正10年


見 ど こ ろ

 小丸山城は、七尾市街と七尾湾を見下ろす小高い丘に築かれている。 現在は、本丸・天称丸・宮丸が小松山公園として整備され、訪れたときは公園の桜が満開であった。

 城の遺構は、公園化と西側が道路整備のため削り取られ、本来の姿からは随分と変わっていると思える。

 それでも本丸と天称丸との間にある空堀、本丸に櫓台が2ヶ所残っていた。 また、本丸北側にある宮丸は、多気本宮があった場所で築城に移転されたことを物語っている。


歴     史

 小丸山城は、天正10年に前田利家によって築かれた。 天正9年に織田信長から能登一国を与えられた利家は、越前府中から七尾城へ入ったが、政治・経済上の利点に主眼を置いた城を港に近い小丸山に築城して居城を移した。

 天正11年に秀吉から加賀2郡を加増された利家は金沢城へと移り、兄安勝・子利政が小丸山城主となるが、元和の一国一城令によって廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR七尾線七尾駅〜徒歩約10分
 車 : 能登道路・能越道高田IC〜国道249号線
駐車場: 小丸山公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
前田利家が能登一国の本城として築いたお城。

石川県のお城
一覧表へ
トップページへ 七尾市のHPへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県