越前 小丸城



お城のデータ
所在地 福井県越前市五分市町
遺 構 曲輪、石垣、土居、堀
形 式 平城 築城者: 佐々成政 築城年代: 天正3年


見 ど こ ろ

 小丸城の縄張りは、方形の輪郭式縄張りで、二重に堀が巡らされていたと思われる。

 今は、本丸を周囲に巡らされていた堀の一部と本丸に僅かに残る石垣、道を挟んで櫓台と思われる土塁が残るだけだ。 城の所在地近くには、大手町の地名も残り、このあたりまで小丸城下であったのであろうか。  

 城の遺構は僅かであるが、小丸城近くの城福寺は、枯山水の庭園で有名で国の史跡名勝天然記念物となっている。


歴     史

 天正3年、越前の一向一揆を平定した織田信長は、柴田勝家に越前を与えて北の庄城に配し、府中三人衆と呼ばれた前田利家(府中城)・不破光治(龍門寺城)・佐々成政を与力とした。

 越前に入った佐々成政は、小丸城を築城する。 しかし、僅か四年の在城で越中富山に移り、城は廃城となった。 成政の在城4年からみて、小丸城は未完に終わったとも説もある。


お城へのアクセス
鉄 道: JR北陸本線武生駅〜バス/小丸城
 車 : 北陸道武生IC〜県道262号線〜市道
駐車場: 小丸城の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
東西300m、南北350mと言われた城も今は僅かに面影が残るお城。
  • 小丸城への道しるべ 
    小丸城のある五分市は、なかなか大きな集落だが道も狭くなかなか判りづらい。 真宗出雲路派本山毫摂寺(ごうしょうじ)をまず目標にするとよい。 大寺院なので五分市の町ではすぐ判る。 寺の前の道を北に約500m行き、Tの字交差点を右折。 約300m直進して左手が城跡。 

福井県のお城
一覧表へ
トップページへ 越前市のHPへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県