豊前 小倉城



お城のデータ
所在地 福岡県北九州市小倉北区室町
遺 構 復興天守、模擬櫓、曲輪、石垣、堀
形 式 平城 築城者: 緒方氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 小倉城の五層天守は、南蛮造りと言われる様式の天守で有名である。 美作の森忠政が津山城築城の折り、この小倉城天守を参考にするため家臣を派遣し たと言われている。

 天守を見るなら、天守東側の小倉城庭園前から見るのが いい。天守台の高い石垣、その上には五層天守、堀に映る白い城壁となかな か絵になる。

 本丸には三層の月見櫓が復興されているが、この櫓は天守復興のときに、天守と釣り合うように、本来二の丸から本丸へ入る虎口多門口門脇に建てられた。
 
 小倉城の本丸は結構広い面積があり、ここに大規模な城主の居館が建てられていたのだ。 本丸御殿へは槻門と鉄門があり、鉄門付近の石垣は近年に復元されたのだろうか、妙に新しい石垣である。


歴     史

 この地に始めて築城された時期は不明であるが、文永年間には緒方惟重が居城していたと言われている。

 その後室町から戦国期にかけて大友・小弐・大内・毛利と大勢力の接点として重要視され争奪戦が繰り返された。 天正15年、豊臣秀吉の九州征伐後、毛利勝信が8万石でこの地を領した。

 慶長5年、関ヶ原の戦功により、丹後宮津より細川忠興が豊前396,000石で中津城へ入封する。 忠興は、中津城に嫡男忠利を置いて支城とし、慶長6年から小倉築城を始め、7年の歳月を費やし完成させた。

 寛永9年、細川忠利は肥後熊本に転封となり、替わって播磨明石城主小笠原忠真が15万石で入封する。 小笠原氏は幕末まで代々西国大名の監視役を務めた。 しかし、慶応2年の第二次長州征伐では、小倉城を自焼し、藩庁を田川郡香春へ移した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR鹿児島本線小倉駅〜徒歩約10分
 車 : 北九州都市高速足立IC〜国道199号線
駐車場: 北九州市役所地下の市営有料駐車場利用.。


ひとくち MEMO
元祖南蛮造りの天守があるお城。

福岡県お城
一覧表へ
トップページへ 北九州市のHPへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県