尾張 小木江城



お城のデータ
所在地 愛知県愛西市森川町村仲
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 織田信興 築城年代: 永禄年間


見 ど こ ろ

 木曽川と平行して流れてる鵜戸川に掛かる森川橋東詰めにある富岡神社(橋の南詰めに道の駅「立田ふれあいの里」があり、ここが目標)の境内に石碑と案内板があった。

 水田の区画整理や河川の改修等で往時の地形とは随分変わっていると思われるが、神社の周囲は蓮が一面に植えられ、往時も堀や深田を利用した城であっただろうと思えて仕方がなかった。


歴     史

 小木江(古木江)城は、永禄年間に織田信興によって築かれた。 織田信長は、長島の一向門徒を滅ぼすため、鯏浦城を築いて弟の信興に守らせた。 
 
 更に、信長は、信興に小木江に城を築かせ、門徒勢力の分断を図った。 しかし、元亀元年に小木江城は弥富の服部党や近くの農民に囲まれ落城、織田信興は討死した。


お城へのアクセス
鉄 道: 名鉄尾西線佐屋駅〜徒歩約20分
 車 : 東名阪道弥富IC〜国道155号線/佐屋南〜県道125号線
駐車場: なし。(富岡神社北側の県道沿いに駐車スペースあり)


ひとくち MEMO
お城の廻りには一面蓮畑、かつてはこれが堀の代わりか・・・。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県