信濃 古城館



お城のデータ
所在地 長野県上田市長瀬字古城
遺 構 曲輪、堀切
形 式 居館 築城者: 長瀬氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ
 
 古城館は、「長瀬館」とも呼ばれ、依田川右岸の河岸段丘崖を利用して築かれている。

 段丘の先端部を堀切を設けて切り取り、更にその外側にもう一曲輪あった複郭式の縄張りと考えられている。 現在は、畑地と墓地となっていて、墓地への入口と畑地に館の案内板が立てられていた。


歴     史

 古城館は、築城年代は定かではないが長瀬氏によって築かれた。 長瀬氏は、治承4年に木曽義仲の挙兵際して、義仲を依田城へ迎えた中心人物の一人で、宇治川で奮戦した長瀬義員が知られている。 戦国時代の永禄・天正年間には海野氏の家臣春川六左衛門が在城した。


お城へのアクセス
鉄 道: しなの鉄道上田駅〜バス/上長瀬
 車 : 上信越道上田菅平IC〜国道18号線〜国道152号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
木曽義仲の挙兵に一役買った長瀬氏の居館。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県