伊賀 小鴨氏城



お城のデータ
所在地 三重県伊賀市岡田字向井
遺 構 曲輪、土塁、空堀、堀切
形 式 丘城 築城者: 小鴨氏 築城年代: 室町時代


見 ど こ ろ

 小鴨城は、国道165号線沿いにある岡田バス停から木津川を隔てた正面にある丘陵に築かれている。 丘陵先端部にある神社の鳥居が目印だ。 神社の社があるところが、小鴨氏城の出丸。 出丸背後の堀切を越え、尾根にそって登ると、数段の曲輪を脇に見ながら主郭へと山道が通じている。 

 主郭は、切込土塁に囲まれ、西側には更に土塁で囲まれた小曲輪を伴っている。 主郭の南を除く三方には空堀が掘られ、北側には武者隠しとも思える横堀が掘られていた。

 主郭の分厚い土塁、南側の土塁曲輪とも云える曲輪など、無名に近い城だが、遺構の保存状態、結構複雑な縄張りなど魅力あふれる一城だ。


歴     史

 小鴨氏城は、室町時代に小鴨氏によって築かれた。 天正年間の伊賀の乱に岡田村小鴨兵衛の名が「伊乱記」に見える。 


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄大阪線青山町駅〜バス/岡田
 車 : 名阪国道上野東IC〜国道422号線〜国道165号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
分厚い土塁が見事なお薦めの一城。

三重県お城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県