伊勢 木造城



お城のデータ
所在地 三重県津市久居木造町字城
遺 構 土塁
形 式 平城 築城者: 木造顕俊 築城年代: 貞治5年


見 ど こ ろ

 木造城は、木造地区の北側に築かれた平城で、木造御所とも呼ばれていた。

 国司北畠氏の一族として勢力を誇った木造氏の本城も現在では水田の中に土塁が僅かに残って、そこに案内板と石碑が建てられていた。


歴     史

 木造城は、貞治5年に伊勢国司北畠顕能の次男顕俊が築城し、以後木造氏を称した。 9代木造具政は、北畠晴具の三男で木造氏の養子となった。 永禄12年、織田信長の伊勢侵攻の時には織田氏に従い、南伊勢侵攻の案内役を務め、北畠氏の養子になった信長の次男信雄に仕えた。

 天正12年、北畠信雄と秀吉が対立すると、木造具政・長政父子は戸木城に籠城した。 天正14年、信雄と秀吉が和睦すると、木造氏は伊勢田辺城へと移った。


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄名古屋線久居駅〜バス/高茶屋団地前〜徒歩約10分
 車 : 伊勢道久居IC〜国道165号線〜市道
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
南伊勢で勢力を誇った国司北畠氏の一族木造氏の居城。

三重県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県