美濃 小寺城



お城のデータ
所在地 岐阜県揖斐郡池田町小寺
遺 構 曲輪
形 式 山城 築城者: 稲葉通貞 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 小寺城は、小寺地区の西、山沿いにある白山神社前の町道を北に約500mほど行くと、道路西側に小寺城の案内板があり、道を挟んで駐車場がある。

 城へは、案内板の所から林道を走ると砂防ダムがあり、ここからは徒歩。
 「まむしに注意」とありがたくない立て看板を横目に見ながら登る。

 現在、山頂部に削平地が残るのみ。 土塁や堅堀を探そうと思ったが登城口の立て看板が気になり、あっさり諦めて下山した。


歴     史

 小寺城は、美濃守護土岐成頼は、西美濃の守りを固めるために稲葉家の祖稲葉通貞に命じて築城させた。

 四国河野氏の一族(越智氏)であった稲葉通貞は、その後勢力を増し本郷城の国枝氏を凌ぐようになった。 稲葉氏は、通貞−通則−良通(一鉄)と続き、良通の代にの天文3年に曽根城に居城を移し、小寺城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄養老線池野駅〜徒歩約30分
 車 : 名神高速大垣IC〜国道258号線〜国道417号線〜県道241号線
駐車場: 県道沿い(登城口前)に小公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
西美濃の豪族稲葉氏三代の居城。

岐阜県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県