日向 清武城



お城のデータ
所在地 宮崎県宮崎市清武町上加納字城内
遺 構 曲輪、空堀
形 式 山城 築城者: 清武氏 築城年代: 文和年間


見 ど こ ろ

 清武城は、清武川とその支流が西と南を流れ、特に清武川北岸は絶壁となった丘陵の最高所に築かれている。

 現在、本丸一帯は果樹園と畑となっていて、その片隅にやけに立派な石碑が建てられていた。

 資料によれば、空堀が残っているとのこと。 周囲を探索するがブッシュに覆われていて、確認することができなかった。


歴     史

 清武城は、文和年間に都於郡城主伊東氏の一族清武氏によって築かれた。

 永禄11年の頃は伊東48城に数えられ、長倉伴九郎・上別府常陸守が清武地頭となっていた。 天正5年に伊東氏没落により島津氏の所領となって伊集院久宣が城主となった。

 天正15年、豊臣秀吉の九州征伐後、飫肥城主伊東祐兵の持城となった。 慶長5年、関ヶ原では東軍に与し、清武城主稲津重政は、幼少の伊東祐慶に代わり西軍の宮崎城を陥落させた。

 慶長7年、稲津重政は謀反の罪により主君伊東祐慶にこの城で誅された。 その後、川崎駿河守が城主となったが、元和元年の一国一城令によって廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR日豊本線清武駅〜バス/流町(路線詳細 宮崎交通のHPへ
 車 : 宮崎道宮崎IC〜国道220号線〜国道269号線
駐車場: なし。(道幅が狭いので要注意)


ひとくち MEMO
渓谷と断崖絶壁に守られた堅固なお城。

宮崎県のお城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県