日向 木脇城



お城のデータ
所在地 宮崎県東諸県郡国富町木脇字木ノ峰
遺 構 空堀
形 式 山城 築城者: 伊東氏 築城年代: 応永年間


見 ど こ ろ

 木脇城の所在地を探すのに一苦労。 資料にあった写真と興聖寺を頼り木脇地区を探索、木脇小学校の近くにある興聖寺を見つけた。(しかし、登城口は見つからず)

 興聖寺の背後にある小高い丘が木脇城だ。 この地は、本庄川の支流が西から東へと彎曲して流れ、北側は谷になった要害の地形だったとか。 現在では水田と住宅地が周囲にあるのどかな風景がそこにあった。


歴     史

 木脇城は、応永年間に伊東氏によって築城された。 工藤(伊東)祐時の八男祐頼が諸県郡絹分を領して木脇氏の祖となった。

 その後、木脇城は伊東48城の一つに数えられ、永禄年間には福永民部四郎が城主であった。 天正5年、伊東氏没落後は島津氏の所領となり、島津氏家臣平田宗応が城主となった。

 天正15年、豊臣秀吉の九州征伐後、高鍋城主秋月種長の所領となり、元和元年の一国一城令によって廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR日豊本線宮崎駅〜バス/木脇(路線詳細 宮崎交通のHPへ
 車 : 東九州道西宮崎IC〜国道10号線〜県道352号線〜県道26号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
伊東・土持連合軍と島津氏がこの城の前で合戦(桑津留合戦)したとか。

宮崎県のお城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県