大和 狐井城



お城のデータ
所在地 奈良県香芝市狐井
遺 構 堀、土塁
形 式 平城 築城者: 岡氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 狐井城は、狐井城山古墳を城砦として利用して築かれた。 古墳は、5世紀末〜6世紀初め頃に築かれこの地方の古代豪族葛城氏の有力者の墓とされている。 城山古墳は、周濠を伴う大型の古墳で、中世に城砦として利用するには適当な規模であったと思われる。

 古墳の南側から土橋を渡って古墳内部に入ることができる。 土橋付近の周濠は、空堀状態となっていて城の「空堀」の雰囲気を感じる。 綺麗に整備されている訳ではないが、土塁状の遺構や墳丘部分を削平して曲輪とした部分も確認できた。


歴     史

 狐井城は、築城年代は定かでないが、岡氏の一族によって築かれたと云われている。


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄大阪線五位堂駅〜徒歩約10分
 車 : 西名阪香芝IC〜国道168号線/狐井〜市道
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
狐井城山古墳を利用して築かれたお城。

奈良県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県