美濃 北方陣屋



お城のデータ
所在地 岐阜県本巣郡北方町北方
遺 構 移築門
形 式 陣屋 築城者: 戸田光直 築城年代: 寛文8年


見 ど こ ろ

 北方陣屋は、北方城のの一角に築かれた旗本陣屋。 現在は、陣屋の遺構は宅地化され何も残っていない。

 陣屋は、北方地区の大井神社南側が陣屋の北のライン、西は常誓寺、南は北方陣屋の案内板脇の橋が南のライン、天王川を隔て東側一帯に役所と屋敷が設けられていた。

 陣屋の移築門が、岐阜市内にある西本願寺岐阜別院の裏門として移築されている。


歴     史

 北方陣屋は、寛文8年に戸田光直によって築かれた。 美濃加納城主松平(戸田)光重が没し、嫡男光永が継承した際、二人の弟光正(文殊陣屋)・光直にそれぞれ5千石を分地した。

 光直を祖とする北方戸田家は、本家松平(戸田)氏が信濃松本へ移封後もこの地を代々領して明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: 樽見鉄道北方真桑駅〜徒歩約15分
 車 : 東海環状道大垣北IC〜国道21号線〜県道23号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
松平(戸田)氏分家の旗本陣屋。
  • 陣屋門の移築先
    西本願寺岐阜別院: 岐阜市西野町3丁目

岐阜県のお城
一覧表へ
トップページへ 北方町のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県