信濃 北林古城



お城のデータ
所在地 長野県伊那市富県字新山北林
遺 構 曲輪、堀切
形 式 平山城 築城者: 桜井氏 築城年代: 天正年間


見 ど こ ろ
 
 北林のバス停から南に約100m程バス道を進むと左手の民家東側にコンモリとした森が見える、ここが北林古城だ。

 民家敷地内となっているためむやみに立ち入れない(もっとも訪れた時期が悪く、夏草に覆われ遺構確認は無理か?)が、資料に拠れば新山川へ向かって突き出した台地先端部を南北二条の堀切によって城域とした単郭の縄張りであるとか。


歴     史

 北林古城は、天正年間に桜井重弘によって築かれた。 重弘は、貝沼に居た桜井重久の次男で北林の地を分知された。 その後の城主に井上掃部の名が伝えられている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR飯田線伊那市駅〜バス/北林
 車 : 中央道伊那IC〜県道87号線〜国道361号線〜県道210号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
小規模な豪族のお城だが・・・。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県