信濃 北林北城



お城のデータ
所在地 伊那市富県字新山北林
遺 構 曲輪、空堀
形 式 平山城 築城者: 桜井氏 築城年代: 戦国時代


見 ど こ ろ
 
 北林北城は、単に「北城」とも呼ばれ、北林バス停の約50m程北側の立派な長家門のある民家敷地となっている。 民家敷地内なので立ち入れないが、資料に拠れば新山川に面した河岸崖を利用した単郭の縄張りで空堀が現存するとか。


歴     史

 北林北城は、天正年間に桜井重弘によって築かれた。 重弘は、貝沼に居た桜井重久の次男で北林の地を分知された。 その後の城主に井上掃部の名が伝えられている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR飯田線伊那市駅〜バス/北林
 車 : 中央道伊那IC〜県道87号線〜国道361号線〜県道210号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
立派な長家門の民家敷地がお城だとか・・・。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県