和泉 岸和田古城



お城のデータ
所在地 大阪府岸和田市野田町1−6
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 和田高家 築城年代: 建武元年


見 ど こ ろ

 岸和田古城は、南海岸和田駅から南東約500m程、周囲をマンションと民家に囲まれた一角にこんもりとした松林があった。(現在は、木は伐採されている。) ここが古城跡の伝承地で、丘の中央部に岸和田古城の石碑が建てられている。 この地もいずれは住宅に変わってしまうのだろうか・・・。


歴     史

 岸和田古城は、建武元年に建武の中興によって摂津・河内・和泉の守護となった楠正成が一族和田高家をこの地に代官として派遣し、城を築かせたと伝えられている。

 応永15年に細川頼長が和泉半国の守護となり、以後7代に渡って「岸和田細川氏」の居城となった。 元亀〜天正にかけて松浦肥後守が在城、この頃に古城の地から新城の地に城が移ったと推定されている。 


お城へのアクセス
鉄 道: 南海電車南海本線岸和田駅〜徒歩約10分
 車 : 阪神高速湾岸線岸和田南IC〜府道39号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
いずれはマンションの敷地となってしまうかもしれないが・・・。

大阪府のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県