肥前 岸岳城



お城のデータ
所在地 佐賀県唐津市北波多稗田字岸岳
遺 構 曲輪、土塁、堀切、畝城竪堀
形 式 丘城 築城者: 波多氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ
(三左衛門殿丸の石垣)
(二の丸の堀切)

 岸岳城は、南北1.5kmにも及ぶ孤月状をした岸岳山頂部全体に築かれている。 現在は中腹まで車で登れる。 駐車場の辺りが茶園平と呼ばれ、戦国時代には家臣団の屋敷地であったところだ。 ここから山頂の城の北西端まで遊歩道が整備されている。

 遊歩道を尾根筋まで登り切ったところが旗立石がある物見台だ。 ここから尾根筋には大小の曲輪群が連郭式に配置されている。

 尾根筋を進むと岩盤をくり抜いた三の堀切を渡ると三の丸曲輪群だ。 二の丸との間には、両側を石垣で固めた堅固な二の堀切があり、二の丸を囲むように石垣の遺構も残り、三の堀切と共に見応えのある遺構だ。

 二の丸から南に両翼に石垣が積まれた虎口がある曲輪を経て本丸へ。 かつては本丸には8基の櫓が建てられていたとか。 本丸の北側には水の手曲輪群が配され、ここにある櫓台の石垣は高さもあり、一見の価値はある。

 本丸東下には三左衛門丸があり、この先端部の虎口周辺には石垣の遺構がよく残っている。 また、ここから北へと伸びる尾根筋にも曲輪群が配され、その東側には結構深く幅の広い竪堀が築かれていた。 


歴     史
(三左衛門丸北側の竪堀)

 岸岳城は、平安時代末期に波多持によって築かれた。 持は、松浦久の次男で波多郷を分知され波多氏を称した。 初代持から17代親まで岸岳城を居城として、松浦党の中で上松浦一の勢力を誇っていた。

 戦国時代になると龍造寺氏との対立が激しくなり、波多親(信時)は、豊後の大友氏と結び龍造寺隆信の対峙していた。 天正15年の豊臣秀吉の九州征伐時に島津氏に通じていた波多氏は兵を動かすことはなかった。

 秀吉から不興をかっていた波多親は、文禄元年に鍋島直茂の与力として朝鮮半島に出陣したが、文禄3年に帰国に際して改易となり、常陸筑波山麓へと配流となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR唐津線唐津駅〜バス/徳須恵
 車 : 福岡前原道路前原IC〜国道202号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
孤月状の山頂部一帯に石垣が累々と築かれていたお城。

佐賀県のお城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
 | 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県