三河 吉良陣屋



お城のデータ
所在地 愛知県西尾市吉良町岡山字殿町
遺 構 なし。
形 式 陣屋 築城者: 吉良義定 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 陣屋跡には、「岡山陣屋」の石碑と小さな門(模擬)があり、小さな陣屋門を象った門がある。 この門を潜ると吉良上野介の馬上姿の銅像があるだけ。

 陣屋跡の近くには、花岳寺(東条吉良氏の菩提寺)や華蔵院(高家吉良氏の菩提寺)がある。

 尚、陣屋は、寺島の交差点を北に向かって2つ目の交差点を左折して、約200m右側の道路沿いにある。


歴     史

 足利一族の名門東条城主東条吉良氏は、徳川家康の三河平定の際に家康に降伏して滅亡する。

 その後、徳川家康が天下の覇者となると、東条吉良氏の一族の吉良義定は、家康に召し出されて吉良で200石、鳥羽で300石、合計500石を賜り旗本に列し、吉良の地に陣屋を構えた。

 高家吉良氏は、義定−義弥−義冬−義央と続く。 4代義央が、忠臣蔵のもう一人の主人公吉良上野介である。


お城へのアクセス
鉄 道: 名鉄西尾線上横須賀駅〜徒歩約20分
 車 : 東名高速岡崎IC〜県道26号線〜県道48号線〜県道43号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
忠臣蔵のもう一人の主人公吉良上野介の陣屋。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県