大和 鬼薗山城



お城のデータ
所在地 奈良県奈良市高畑町
遺 構 なし。
形 式 丘城 築城者: 古市胤仙 築城年代: 文安元年


見 ど こ ろ
(大乗院石碑)

 鬼薗山城は、興福寺の門跡寺院大乗院の境内に築かれた城で、現在の奈良ホテルの敷地となっている丘に築かれていた。 中世の破城とホテル建設より、城の遺構は何も残っていない。 しかし、東側の丘に同時期に築かれた西方院山城は遺構が良く残ってる。

 大乗院は、一乗院と共に興福寺二大門跡寺院で、室町時代に院主尋尊が復興した南都随一と称された池泉回遊式庭園が城の南側にあり、復元整備が行われている。 


歴     史
(大乗院庭園)

 鬼薗山城は、文安元年に古市胤仙らによって築かれた。 築城当時、筒井・越智二大勢力が対立していて、越智方の古市胤仙らが筒井方の南都奪還に備えて陣所として築いた。

 文安2年、筒井氏方に攻められ自焼し、筒井順永の兄成身院光宣が城主となり修復した。 その後、越智・古市氏による奪回戦が行われ、康正元年に落城、中坊懐尊が城主となったが、長禄2年には廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR関西本線奈良駅、近鉄奈良線近鉄奈良駅〜バス/奈良ホテル前
 車 : 第二阪奈道阪奈宝来出口〜国道308号/奈良〜国道169号線
駐車場: 奈良県庁東側登大路・高畑の奈良公園公営駐車場を利用。


ひとくち MEMO
奈良公園の中にあるお城。

奈良県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県