伊予 木ノ浦城



お城のデータ
所在地 愛媛県今治市伯方町木浦字甲546
遺 構 曲輪、模擬天守、模擬井楼、模擬城門、石垣、堀切
形 式 山城 築城者: 紀氏 築城年代: 嘉応2年頃


見 ど こ ろ

 木ノ浦城は、木浦港を見下ろす丘陵山頂部に築かれたている。 現在は、「伯方ふるさと歴史公園」となっていて、模擬天守(資料館)、城門、井楼が建てられている。 公園から瀬戸内の島々を眺めは一見の価値はある。

 城の縄張りは、公園化によって改変されているが、資料の縄張り図を参考にすると、模擬天守がある一帯が主郭で、一段下がって駐車場となっているところが二の曲輪、井楼がのある当たりから西側が三の曲輪であったところだ。 


歴     史

 木ノ浦城は、嘉応2年頃に紀氏によって築かれた。 紀氏は、源平合戦の頃には伊予河野氏の有力な武将であった。 承久の乱には後鳥羽上皇方として河野氏にしたがって出陣したが敗れ、鎌倉方の攻撃を受け落城し、紀氏は滅亡した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR予讃本線今治駅〜バス/伯方BS〜バス/木浦港
 車 : しまなみ海道伯方島IC〜国道317号線
駐車場: 伯方ふるさと歴史公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
港から見上げる山城には三層の模擬天守が・・・。

愛媛県お城
一覧表へ
トップページへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県