越前 木ノ芽峠城



お城のデータ
所在地 福井県南条郡南越前町二ツ屋木ノ芽峠
遺 構 曲輪、土塁、堀切、竪堀
形 式 山城 築城者: 朝倉義景 築城年代: 永禄12年


見 ど こ ろ

 木ノ芽峠は、近江から越前へと通じる北国街道の要衝で、この峠を挟んで木ノ芽峠城・鉢伏城・西光寺丸城と峠に連なる稜線に築かれ、これらの城が連携して越前最南端の防衛ラインを形成していた。 

 木ノ芽峠を挟んで木ノ芽峠城と観音丸城が築かれている。 どちらにも案内板があるが、この両城は、一つの城として機能していたと考えられる。

 木ノ芽峠城は、峠の茶屋前川氏宅の背後の畑地が主郭部で、主郭の北側に五段の曲輪が配され、主郭南側には二重の堀切が尾根筋を断ち切っている縄張りとなっている。 堀切の東側にある送電線の鉄塔が建てられている場所が、東側の西光寺丸城との間を守備する出丸があった。


歴     史

 木ノ芽峠城は、南北朝時代には築かれていたと云われているが、戦国時代の永禄12年に朝倉義景が織田信長の進攻に備えて木ノ芽峠に築いた。

 天正元年、朝倉義景を攻め滅ぼした信長は、堀秀政・阿閉貞秀を城将として守備させた。 天正2年に一向衆の蜂起により越前は加賀同様一向一揆の国となり、木ノ芽峠城も一向衆に攻められ開城した。

 天正3年、織田信長が再び越前へ進攻。 この時、木ノ芽峠城は和田本覚寺が守備していたが、神戸信孝らに攻められ落城した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR北陸本線今庄駅〜バス/今庄365スキー場
 車 : 北陸道今庄IC〜国道365号線
駐車場: なし。(木ノ芽峠スキー場側に駐車スペースあり)


ひとくち MEMO
北国街道の要衝木ノ芽峠を守るお城。

福井県のお城
一覧表へ
トップページへ 南越前町のHPへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県