紀伊 山崎城



お城のデータ
所在地 和歌山県日高郡日高川町和佐字山崎
遺 構 曲輪、土塁
形 式 丘城 築城者: 川上氏 築城年代: 鎌倉時代


見 ど こ ろ

 山崎城は、JR和佐駅東側にある和佐児童館の東側背後にある果樹園となっている丘一帯に築かれていた。

 山崎城の縄張りは、丘の先端部を利用して三段の削平地からなり、三段目の一番広く現在果樹園となっている曲輪に居館が設けられていたと推定できる。

 最上段の曲輪から二段目の曲輪北面にかけて土塁の遺構が残っている。 最上段の曲輪東側は現在道路となっているが、東に続く丘陵の鞍部となっていて、自然の堀切とも考えられる地形であった。


歴     史

 山崎城は、鎌倉時代に川上氏によって築かれた。 川上氏は、平安・鎌倉時代に神護寺領であった川上荘の在地支配をしていたとされ、南北朝時代には南朝方に与してした。

 文和元年に北朝方の湯川氏に山崎城を攻められており、この時に玉置氏が参陣したかは定かでないが、その後城主川上則秋が玉置氏によって滅ぼされた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR紀勢本線和佐駅〜徒歩約5分
 車 : 湯浅御坊道路御坊IC〜県道27号線〜県道191号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
川上荘に勢力を持っていた豪族川上氏の館城。

和歌山県お城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県