紀伊 中野城



お城のデータ
所在地 和歌山県和歌山市中野
遺 構 石垣、堀跡
形 式 平城 築城者: 貴志氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 中野城は、大阪府岬町から国道26号線で孝子峠を越えて、紀伊国に入った所に築かれた交通の要衝を守る城であった。

 城郭大系に掲載されていた写真を頼りに城跡を探す。 ちょうどスーパーの裏手、貴志南小学校とスーパーにちょうど挟まれた旧家があるところが中野城跡だ。 

 この旧家の土塀の下にある石垣が中野城のものと伝えられている。 堀跡が城郭大系の写真では確認出来るが、現在では完全に埋められて水田となっていた。


歴     史

 中野城の築城年代は定かではないが、貴志教信の持ち城であった。

 天正5年、織田信長の紀州攻めの時、雑賀党は弥勒寺山城に本陣を置き、中野城は雑賀党の最前線の城であった。

 織田信長は、中野城を攻め取ると、この城に雑賀攻めの本陣を移して、雑賀攻めを行った。


お城へのアクセス
鉄 道: 南海加太線中松江駅〜徒歩
 車 : 阪和道和歌山IC〜国道24号線〜国道26号線/延時〜市道
駐車場: なし。(スーパー/和歌山パームシティの駐車場利用)


ひとくち MEMO
織田信長が雑賀攻めの時に本陣を置いたお城。

和歌山県お城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県