伊勢 木田城



お城のデータ
所在地 三重県鈴鹿市木田町字西上条
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 平山城 築城者: 山路氏 築城年代: 室町時代


見 ど こ ろ

 木田城は、木田地区の北側の丘陵上に築かれていて、現在は雑木林と畑となっていた。

 県道から細い農道を5分も歩くと雑木林の入口に低いが土塁が現れる。 そこから木田城内だ。 30mほど進むと左手に土塁と空堀が現れる。 土塁も空堀も雑木に覆われているが、よく遺構が残っていて、思わず嬉しくなる。

 空堀の外側にも土塁があり、その東側一帯は畑地となっていて城の遺構らしいものは残っていなかった。


歴     史

 木田城は、室町時代に山路氏によって築かれた。 木田城の詳細な歴史は定かではない。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR関西本線河曲駅〜徒歩約10分
 車 : 東名阪道鈴鹿IC〜県道27号線〜県道8号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
雑木林の中に土塁と空堀が眠っているお城。
  • 木田城の登城口
    JR河曲駅から東へ約300m行くと交差点があり、ここを左折するとJRの線路を越え、橋を渡りきったところから木田町だ。 直進して道なりに400mほど地区の中心部を進むと「Y」字の交差点となる。 ここを右折して坂道を登る。 登りだして100mほど登ると左手の民家の間に山の方へと入る農道がある。 車は、付近に路上駐車するしかない。(軽四ならば農道への進入可) この農道を200mほど行けば道なりに木田城内へ入る。

三重県のお城
一覧表へ
トップページへ 鈴鹿市のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県