播磨 鶏籠山城
       (龍野古城)



お城のデータ
所在地 兵庫県たつの市龍野町上霞城
遺 構 曲輪、石垣、土塁、竪堀、堀切
形 式 山城 築城者: 赤松政秀 築城年代: 明応8年


見 ど こ ろ

 鶏籠山城への登城口は、龍野城本丸西奥にある。 ここから紅葉谷経由と大手道とに分岐(ここで竪堀が一筋見ることが出来る)していて、「城はともかく大手道を登城するのが正道」と登り出すが、これが結構きつい。

 喘ぎながら約20分程で二の丸に到着。 二の丸が一つ目のピークで、本丸は更に奥のピークに築かれている。  鶏籠山城は、この本丸を中心に連郭式に曲輪を配置した典型的な山城の縄張りだ。

 鶏籠山に登ってみて驚いたのは、近世城郭を思わせるような本丸と腰曲輪の石垣や石段の遺構、そして二の丸手前には土塁が綺麗に残っていているのには驚いた。

 山麓の近世龍野城は、いざ籠城戦となればひ弱な陣屋造りの城だけに、有事の時は歴代城主は、この鶏籠山城が頼りであったのだろう。

 紅葉谷から両見峠へ。 峠まで谷筋を登る道の両側には、家臣の屋敷が段々に設けられていて、屋敷の石垣などが残っている。 また、峠付近には番所跡がある。 尚、峠から堀切を経て、鶏籠山城へと登城道が通じている。


歴     史

 鶏籠山城(龍野古城)は、諸説があるが、明応8年に塩屋城主赤松政秀が赤松村秀の為に築城とされている。

 赤松村秀は、政秀の死後に塩屋城主となったが、のち龍野城へと居城を移した。 村秀の子政秀は、赤松宗家の赤松晴政を助け、西播磨の覇権を維持した。

 政秀の跡は、広貞−広秀と続き、天正5年に播磨姫路に入った羽柴秀吉に鶏籠山城を明け渡した。 開城後の赤松広秀は、その後但馬竹田城主となった。

 天正9年、鶏籠山城は蜂須賀正勝が城主となった。 鶏籠山城から山麓の近世龍野城へと、城の中心が移ったのは定かではないが、本多政朝が元和3年に城主になった以後のことだと考えられている。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR姫新線本竜野駅〜バス/龍野橋
 車 : 山陽道龍野IC〜県道29号線〜国道179号線
駐車場: 揖保川龍野橋西詰から西約200mに無料駐車場(30台程度)、
龍野城内の歴史文化資料館の無料駐車場(10台程度)


ひとくち MEMO
紅葉谷〜両見峠〜鶏籠山〜龍野城〜城下町と一日ゆっくりと歩いてみては。

兵庫県のお城
一覧表へ
トップページへ たつの市のHPへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県