上総 飯野陣屋



お城のデータ
所在地 千葉県富津市下飯野字山王
遺 構 曲輪、土塁、堀
形 式 陣屋 築城者: 保科正貞 築城年代: 慶安2年


見 ど こ ろ

 飯野陣屋は、若狭敦賀陣屋・周防徳山陣屋と共に日本三大陣屋の一つに数えられ、江戸時代の姿が完存している貴重な遺構だ。

 陣屋は、基本的には横長の長方形で三条塚古墳を陣屋内に取り込み、一部古墳の周濠を陣屋の濠として利用している。 陣屋を囲繞する濠と土塁が完存していて、北東隅辺りには折れの遺構が見られる。 虎口は、3ヶ所に開かれていいて、東側に開かれた大手口には内枡形の遺構も残っている。

 かつては陣屋内は、「本丸」・「二の丸」・「三の丸」と土塁によって区分され、それは城そのもの。 西側の周濠の外側に「外邸」があり、その外側を狭いが濠が囲んでいた。


歴     史

 飯野陣屋は、慶安2年に保科正貞によって築かれた。 正貞は、高遠城主保科正直の三男(後に会津若松城主となる保科正之は兄正光の養子)、大坂定番となり加増されて17,000石を領して大名に列した。

 正貞没後、2代正景が弟正英に2千石分与して15,000石となるが、延宝5年に正景が大坂定番となり5千石加増され、以後8代続いて正益の時に明治を迎る。


お城へのアクセス
鉄 道: JR内房線青堀駅〜バス/東電工業寮前
 車 : 館山道木更津南IC〜国道16号線
駐車場: なし。(飯野神社前に駐車スペースあり)


ひとくち MEMO
陣屋を囲繞する堀と土塁が完存する日本三大陣屋の一つ。

千葉県のお城
一覧表へ
トップページへ 富津市のHPへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県