河内 野田城



お城のデータ
所在地 大阪府堺市東区南野田
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 野田正勝 築城年代: 嘉暦元年


見 ど こ ろ

 野田城は、南北朝の争乱で楠木氏に従って南朝に殉じた野田氏3代の居城として知られているが、現在では住宅地の中に埋没してしまい、遺構も何も残っていない。 

 東から南にかけて流れている西除川が堀の役目を果たし、川面から城跡との比高差は約20m程あり、城が高台の地形を利用して築かれたことがよく分かる。

 北野田駅から南海電車の線路に沿って南に歩くと「すかしゆり公園」に行き当たる。 この公園の辺りが野田城の南端に辺りで、公園内に立派な石碑が立てられていた。、


歴     史

 野田城は、嘉暦元年に野田正勝によって築かれた。 野田氏は、野田庄をの地頭であったが、元弘3年に倒幕の挙兵した楠木氏によって掃討され、以後楠木氏に従った。

 延元元年には野田正勝は湊川の合戦で討死し、延元3年には野田城は落城した。 正平3年、2代正氏は四條畷の合戦で楠木正行と共に討死し、正平15年には野田城は北朝方に攻められ、3代正康は城と共に討死していた。


お城へのアクセス
鉄 道: 南海電車高野線北野田駅〜徒歩約10分
 車 : 阪神高速15号線堺線堺IC〜国道310号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
楠木氏に従って北朝方と戦った野田氏3代の居城。

大阪府のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県