美濃 川手城



お城のデータ
所在地 岐阜県岐阜市下川手
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 土岐頼康 築城年代: 室町時代初期


見 ど こ ろ

 美濃の守護職土岐氏の居城は、今では何も残っていなかった。 これも栄華盛衰の証拠か。 加納城から南東に徒歩で10分ほど。 済美女子高校の敷地一帯が川手城跡だ。 校舎とグランドに挟まれた一角に、石碑と案内板がある。


歴     史

 室町時代に美濃の守護となった土岐頼康が築城。 以後戦国末期まで土岐氏の本城であった。  天文元年、土岐政頼は鷺山城主土岐頼芸に攻められ、政頼は越前へ退散する。

 替わって守護の座に着いた頼芸も斎藤道三によって追われてしまい、道三が美濃の国主となった。 道三が国主となると、美濃の本城は川手城から稲葉山城(岐阜城)へと移った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線岐阜駅〜バス
 車 : 名神一宮JCT〜東海北陸道岐阜各務原IC〜県道77号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
戦国末期まで土岐氏の本城。

岐阜県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県