近江 河瀬城



お城のデータ
所在地 滋賀県彦根市南川瀬町
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 池田定信 築城年代: 南北朝時代


見 ど こ ろ
( 河瀬神社 )

 河瀬城は、河瀬駅の東側に位置する南川瀬地区にある法蔵寺境内・しあわせ保育園敷地と北側の住宅地一帯に築かれていた。 現在、城の遺構などは何も残っていない。

 彦根市の遺跡地図では、河瀬城の城域は法蔵寺付近としているが、近年の調査によって川瀬馬場町にある河瀬神社境内付近が本来の「河瀬城」だとされているようだ。

 天正2年に河瀬秀宗が法蔵寺の移転を受け入れ、寺院と城郭を一体化したとされていることから、法蔵寺付近の城は「南河瀬城」とするのが良いのだろうか?


歴     史

 河瀬城は、南北朝時代に池田定信によって築かれた。 定信は、京極宗氏の子で河瀬荘をを領して池田氏を称した。 その後、室町時代になると河瀬秀宗が居城して、甘呂城蓮台寺城の一族河瀬氏と河瀬荘一帯に勢力を持っていた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線河瀬駅〜徒歩約10分
 車 : 名神高速彦根IC〜国道8号線〜県道196号線
駐車場: 法蔵寺の参拝者用無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
室町時代に河瀬荘を領した河瀬氏の居城。

滋賀県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県